混合肌におすすめな美容液ランキングをご紹介しています。

混合肌におすすめ美容液ランキング

第1位 ビーグレン Cセラム
ビーグレン Cセラム
肌の奥まで浸透するビタミンCの力で、皮脂の分泌を抑制しさっぱり素肌へ。
価格 8,900円
容量 30ml
トライアル トライアルセット
1890円 送料無料
【シミ・美白セット】
Cセラム、コラーゲン保湿ゲル、美白クリーム
【しわ・アンチエイジングセット】
Cセラム、コラーゲン保湿ゲル、しわクリーム

第2位 アスタリフト エッセンス
アスタリフト エッセンス
天然の赤い色素がしみこんで、安定したうるおいを供給します。
価格 3,600円
容量 30ml
トライアル トライアルキット
1260円 送料無料
クレンジングオイル3ml、クレンジングジェル3g、モイスチャーフォーム2g、リキッドソープ2.2ml、ローション30ml、エッセンス5ml、クリーム5g、デイプロテクター7g、ジェリーアクアリスタ0.5g×2包

第3位 草花木果 美容液・ゆず
草花木果 美容液・ゆず
ゆずが、肌本来のうるおう力に働きかけ、すこやかでハリのあるもっちり素肌へと導きます。
価格 3,150円
容量 45ml
トライアル ハリ肌トライアルセット・ゆず
1260円 送料無料
ハリ肌洗顔フォーム・ゆず25g、ハリ肌化粧水・ゆず(しっとりorよりしっとり)40ml、ハリ肌保湿液・ゆず(しっとりorよりしっとり)13ml、メーク落としオイル・美白日中美容液のサンプル、特製コットン20枚


第4位 グラスオール ローションエッセンス
グラスオール ローションエッセンス
ノンアルコール
お肌が本来もっている天然保湿因子と同様の成分が含まれているシャンパン酵母エキス使用。
価格 5,250円/9,135円
容量 120ml/250ml
トライアル トライアルセット
1890円 送料無料
オイルジェルクレンジング、クリーミィエステソープ、ローションエッセンス、コンクエッセンス、ディープモイスト(約1週間〜10日分)、泡立てネット

第5位 HABA ホワイトレディ
HABA ホワイトレディ
無鉱物油ノンパラベン石油系界面活性剤フリー
ビタミンC誘導体とミネラルをハーバー独自のバランスで配合。420万本以上の大ヒット商品。
価格 1470円/4,095円/6,300円
容量 10ml/30ml/53ml
トライアル なし

混合肌の人はどのような美容液がよいかご存知ですか?


混合肌の人は、脂っぽい肌と乾燥した肌の両方が存在している肌なので、美容液選びにも迷うと思います。

そこで、混合肌の人の美容液にはどのようなものがよいかご紹介させていただきますので、参考にしてください。


【美容液選びのポイント】

・さっぱりとした使い心地のもの

・2種類の美容液を使い分けるのもお勧め

・肌の引き締め効果があるもの

・保湿効果が高いもの

・つっぱるかんじがしないもの


【オススメの成分と効果】

・セラミド・・・保湿効果

・ピオニン・・・抗菌効果

・フルーツ酸・・・角質を綺麗にする効果がある

・セージやカミツレなどのハーブ・・・保湿効果


【オススメしない成分と影響】

・香料や合成着色料・・・肌の負担が大きい

・石油系合成界面活性剤・・・肌トラブルの原因になる

混合肌の人が意識しておく美容液選びのポイントとは?

■保湿効果が高いもの

 

混合肌の人が意識しておく美容液選びのポイントの一つが、保湿効果が高いものを選ぶということです。
混合肌の人は、乾燥肌とオイリー肌の二つの肌質が混在しているため、美容液選びに迷うと思います。
どちらの肌質に合わせたらよいのか、困りますよね。
そこで美容液を選ぶポイントになってくるのが、保湿力です。
乾燥肌で合っても、オイリー肌であっても、保湿は非常に重要です。
保湿は、いずれの肌質にも必要なことであり、保湿効果が高い美容液は、乾燥肌にもオイリー肌にも合います。
美容液選びに迷ったら、保湿力の高さをポイントに選んでみてください。

 

 

■2種類の美容液を選ぶ

 

混合肌の人は、乾燥肌とオイリー肌の二つの肌質が混在しているので、それぞれの肌質に合わせて美容液を選ぶのもポイントの一つです。
2種類の美容液を選べば、肌質に合わせて使い分けることができるので、混合肌に適しています。
2種類の美容液を使い分けるのは、手間がかかり面倒くさい気もしますが、そうすることによって、良い肌状態を保つことができますので、使ってみてください。

 

 

■肌に刺激が少ないもの

 

混合肌の人は、二つの肌質が混在しているので、肌が不安定になりがちです。
そのため、使う美容液も刺激が弱いものを選びたいものです。
混合肌の人が、美容液を選ぶ際に意識しておきたいポイントが、この肌に刺激が弱いことです。
できるだけ肌に刺激を与えない処方の美容液を選ぶようにしましょう。
植物由来成分で作られた美容液や、防腐剤や合成成分ができるだけ入ってな美容液を選ぶのがオススメです。
美容液を選ぶときは、配合成分に注意して選ぶようにしましょう。

このページのトップに戻る